ログイン 無料ではじめる

無料でMEO対策を成功させる方法

記事の中身の要約
・MEO対策とは、「Googleマップを介した集客効果の最大化」
・Googleの検索結果の最上位はGoogleマップ。SEO対策同様にMEO対策が重要です。
・MEO対策は「GMBチェッカー」と「SMS口コミ依頼」だけで完了します。

こんな人は無料プランをお試しください
・MEO対策について詳しく知りたい方
・効果の出るMEO対策をやってみたい方
・店舗経営者の方


今、話題の「MEO対策」。
cocoは、MEO対策にお悩みの店舗オーナーさんのために、無料で使えるMEO対策ツール「GMB(Googleマイビジネス)チェッカー」と「SMS口コミ依頼機能」をご用意しました。
「無料ではじめる」ボタンより、フォームをご記入いただければ誰でもいますぐご利用可能です。是非この機会にお試し頂き、あなたの店舗で万全のMEO対策を実施しましょう。

無料ではじめる

目次

MEO対策を動画で知る

MEO対策とは

MEO対策とは、Map Engine Optimizationの略

MEO対策の説明に移る前に、「SEO対策」という言葉についてまずはご説明致します。

SEO対策とは、“Search Engine Optimization”の略であり、直訳すると「検索エンジン最適化」となります。要は、Google検索で物事を調べる人が世の中にはたくさんいるので、その検索結果の上位に表示されることで店舗の集客や商品の販売を促進しよう、という取り組みになります。非常に効果の高い取り組みなので、現代ではある種「当たり前」のものとして受け入れられているのが現状でしょう。

これに対して、MEO対策とは、“Map Engine Optimization”の略であり、要はGoogleマップなどの地図上での検索結果の上位表示や、地図を介した集客の増加を狙っていこう、という取り組みになります。位置情報がベースとなる検索になるため、「ローカル検索」と呼ばれることもありますが、殆ど同じ意味で使われているのが現状となります。

「MEO対策」にも、業者ごとに様々な定義が存在

一口に「MEO対策」と言っても、その定義には様々なものがあります。

・Googleマップ検索結果3位以内に入ることを目指す
・Googleマイビジネスの運用代行を行う
・Googleマップに限らず、位置情報をベースとしたローカル検索を経由した集客全体を増やす

等々、それぞれが同じ言葉を別の意味で使っていて、他のパターンもまだまだ存在します。
どれが正解とも言い切れないので、ご自身で「自分の店舗にとって大事なことはなにか」「それを実施するには何をすればいいか」と考えることが重要です。

cocoでは「Googleマップを介した集客効果の最大化」をMEO対策と定義

本記事では、「MEO対策」とは「Googleマップを介した集客効果を最大化するための取り組み」と定義します。

具体的には、「MEO対策」の成果の指標を以下の3つで定義します。

・検索結果上位表示を狙うことで、店舗の”認知度”を最大化すること。
・Googleマップ(Googleマイビジネス)の情報の充実により、店舗の"予約率"を最大化すること。
・親切なGoogleマップ活用方法により、店舗の”来店体験”を最大化すること。

3つ目の来店体験とは、例えば、店舗の店内ストリートビュー撮影を実施することで、お客様はより安心して来店することができるようになります。それは、長期的にはリピート率やリファラルの増加に貢献すると言えます。

MEO対策とは、単なる新規顧客獲得手段ではなく、それそのものが「接客手段である」という認識が重要となります。

MEO対策の重要性

今Googleで検索すると、最上位にGoogleマップがでる

これまで、Google等の検索結果の最上位に表示されることを目指すSEO対策が重視されてきました。しかし、今Googleで店舗を検索すると、最上位にはGoogleマップが表示されるように変わりました。

すなわち、Googleで検索する人全員がGoogleマップを使っている状況へと変化しています。

検索結果の最上位に表示されることは大きな集客効果があります。そのため、Googleマップで上位に表示させることを意図するMEO対策に力を入れることが、店舗の集客活動においても非常に大切になってきています。

Googleマップに情報がないお店は顧客に不信感を与える

スマートフォンを利用する人のうち、7割以上の人が検索にGoogleを使うため、検索のたびにGoogleマップを見ています。また、お店選びや店舗へ訪問するときも必ず確認されます。そんな時に、Googleマップ上で表示される情報が少ないお店は、来店前のお客様を不安な気持ちにさせてしまいます。

つまり、Googleマップに情報を適切に載せれば集客向上に寄与することは勿論のことですが、逆に、Googleマップに情報が無いことは、それ自体がお客様を遠ざけることに繋がる危険性があります。

お客様が求める情報を適切に発信することで来店前のお客様に安心感を提供し、お店への信頼も獲得することができます。いわば、Googleマップはインターネット上での接客のような役割を果たすことができるのです。

日本の5年先を行くアメリカのMEO対策はもっと進んでいる

Googleは、Googleマップを「次の注力分野」と定めて、莫大な予算をかけて機能開発を推し進めています。すでに、アメリカやインドでは、Googleマップを使っての店舗予約や、フードデリバリー注文までできるようになっています。

また、店舗側のMEO対策能力も非常に高く、口コミ数が1000件以上、1万件以上の店舗も多く存在します。それほど、集客経路としてのGoogleマップが注目され、多くの店舗がその対策に躍起になっていることが覗われます。

MEO対策は集客に好影響がある

実際に、いち早くMEO対策を実施している多くの店舗から「Googleマップの集客効果を実感できた」という声が上がっています。その背景には、Googleマップの口コミ機能があります。

Amazonやメルカリでの買い物の際に、口コミを見ない人は存在しません。つまり、口コミは今や購買行動に欠かせないもので、ほぼ確実に店舗の集客にも影響するといえます。実際、cocoを活用して口コミを集め、MEO対策を実施した店舗では「平均月商の3倍を記録した」という店舗まで現れ始めています。

また、Googleは世界一のテクノロジー企業でもあります。口コミサイトでほぼ確実に問題となる「サクラ・やらせ」による口コミの投稿や、近隣店舗からの嫌がらせ等の行為に対しても、人工知能の力を持って対処しているため、口コミサイトとしての信憑性の高さも、昨今Googleマップの評価が非常に高まっている要因となっています。

MEO対策の仕組み、Googleマップのアルゴリズムのご紹介

Googleマップ上位表示を決定づける3つの要素

Googleマップでの上位表示ランキングや、「位置」「関連性」「知名度」の3つの要素により決定されることが、Google社の公式サイトにて発表されています。この3つ自体は非常にシンプルでわかりやすいので、是非この場で覚えて、日常的にGoogleマップを使う時に意識して見るようにしてみてください。

位置:実際に今検索している地点のことで、そこから近い店舗が優先的に上位表示されます。
関連性:検索されたキーワードとの関連性で、それが大きい店舗ほどより優先的に表示されます。
知名度:その名の通り知名度ですが、要はこれがGoogleの人工知能に該当する部分とも言えます。

Googleは、実際の世の中での知名度を検索結果の上位表示に反映しようとしています。例えば、有名サイトにて店舗が紹介されることは、検索結果上位表示に寄与します。他にも、インターネットの口コミの数や質もGoogle検索結果に好影響を与えることが公式サイトで言及されています。

SEO対策とMEO対策の違いや、注意点

Google検索の上位表示を狙う、という意味では似通っているSEO対策とMEO対策ですが、対策実施の上では、いくつか注意すべき違いがあります。

・MEO対策では「位置」要素が加味されることにより生まれる違い
例えば、Googleマップでは検索地点によって順位が大幅に変わるため、自分の店舗で検索するとほぼ確実に自分の店舗が上位に表示されてしまいます。そのため、従来のSEO対策における検索結果1位、と、MEO対策における検索結果1位では、後者のほうが価値が低い可能性が考えられます。

・対策対象であるGoogleマップがGoogleにより運営されていることにより生まれる違い
また、SEO対策では「Google検索」と「webサイト」が別の運営母体により運営されているため、双方の歩み寄りが重要でした。一方、MEO対策では、GoogleがGoogleマップを運営しているため、Googleマップでの一時的な集客テクニックを見つけたとしても、即座にGoogleに修正を加えられ、その手法が無効化されることが頻発しています。

上位表示を狙うには、コツコツ口コミを集めることが大事

MEO対策では、Googleマイビジネスの設定をしっかり行った上で、後は「コツコツと口コミを集めていくこと」が近隣の競合店舗との唯一の差別化要素となります。

なぜなら、Googleマップ対策でやること(詳細は後述)は、基本的にGoogleマイビジネスの各項目を入力していく事以外に存在せず、結局外部ユーザーから生まれるコンテンツである「口コミ」しか、競争となるポイントがなくなってしまいます。

結局、Googleの意図としては極力良いお店を上位に表示したい。そのためには、集客テクニックに優れたお店より、良い口コミが集まるお店のほうが良いお店である確率が高い、ということなのだと考えられます。

口コミ集めでは、金銭的なインセンティブを使って短期的にたくさんの口コミを集めるのではなく、月5~10件の良質な口コミを集めていくことで、Googleに「良いお店」であることを的確に伝えることができます。その継続的な取り組みこそが、結果として最も大きな差別化を生み出す要素となってきます。

MEO対策のやり方、効果的なGoogleマイビジネスの設定方法のご紹介

やるべきことはたったの2つ

MEO対策でやるべきことは、結局の所
・Googleマイビジネスの設定をしっかり行うこと
・Googleマップに口コミを集めること
の2つに集約されます。

そして、この2つは、実は両方ともcocoの無料機能を活用することで誰でも簡単に実現できます。

具体的には、Googleマイビジネスの設定はcocoの「GMBチェッカー」の自動アドバイスに従い設定を進め、Googleマップへの口コミ依頼は「SMS口コミ依頼」機能を活用することで、誰でも簡単に、しかも無料でMEO対策を万全な状態にすることが可能です。

cocoのGMBチェッカーとは?

cocoでは、無料で使える「GMBチェッカー」という機能を提供しています。このGMBチェッカーは、管理権限を持っているGoogleマイビジネスアカウントと接続することで、自動でGoogleマイビジネスの設定を行い、対策状況を項目ごとの点数としてスコアリングします。

各項目ごとに、どのように設定すればいいか詳細なマニュアルも付いているため、案内に従い設定を進めるだけで、ほぼ十分といいきれるほどのMEO対策が実施できます。あとは定期的に確認し、目安として常に90点以上に保たれている状態になれば、あなたの店舗のMEO対策は「万全」と考えられます。

cocoのSMS口コミ依頼とは?

SMS口コミ依頼とは、その名の通り「SMS(ショートメッセージ)を通じて、実際に来店されたお客様に口コミの記入をお願いする機能」になります。

インターネットの口コミは、どうしてもほっておくと悪口ばかりが集まってしまうのが特徴です。しかし、満足度の高いお客様は、たった一言簡単にでもお願いすれば、ほぼ確実に「口コミを書いてこのお店に貢献したい」と思ってくれます。

そこで、この「SMS口コミ依頼」機能を活用し、満足度の高いお客様にサクッと口コミ記入依頼リンクを送信することで、簡単に良質な口コミを獲得することが可能となります。

口コミの依頼はお客様に必ず「対面した状態(会計直後等)」で使い、一声かけながら送信することがポイントです。2〜3割の方が口コミを書いてくれるため、30件の無料期間で5〜10件ほどの良質な口コミを獲得することができます

効果測定の方法

MEO対策を実施したら、次は効果の測定です。検索地点に応じてランキングは変動するため、ランキング以外の情報も同時に見ていくことが大切です。

・お客様にどの情報を見て来店したかを聞く
・Googleマイビジネスの「インサイト」からアクセス数が増えているかを確認
・Googleマップ経由で、どの程度ホームページにアクセスがきているかを計測

等の手段により、MEO対策の成果をより詳細に把握することが可能です。



無料ではじめる

MEO対策で見込まれる広告効果はどの程度?

基本的には検索数×クリック率の変化を見る

従来のSEO対策では、検索結果の上位に表示されるほど、お店を探しているお客様が、その店舗の情報をクリックする確率は高くなることが証明されています。実際に、検索結果1位に表示されるとクリック率が17%、2位になると10%というデータもあります。

つまり、検索結果の順位が2位から1位へと上昇するだけで大きな広告効果を見込めます。具体的には、月1000回検索されている場合、検索結果1位の場合では170クリック、と検索結果2位では100クリックとなり、「月70クリック」もの差が生じることになります。

MEO対策も同様で、順位が上位に行けば行くほどクリック率が上昇し、検索数が大きいキーワードほどより高い効果を発揮する、と考えられます。

単純なアクセス数増加以外にも多くの効果がある

上述の通り、MEO対策の狙いはそもそもアクセス数の増加だけではありません。また、アクセス数は季節要因や広告費によっても変動するため、あくまで結果の1要素として捉えておくのが妥当と言えます。

Googleマップの情報を充実させ、インターネット口コミを積極的に集めていくことで、例えば初めて来店するお客様が安心して来店できたり、実際にお店を発見したお客様が、そのまま予約まで進んでくれる確率も遥かに高まります。

継続的に口コミを集め続けた場合、年商が平均5%増加

インターネットを使って口コミを集めることとは、言い換えると「お客様がお客様を紹介してくれる(リファラル)」効果を最大化していることにほかなりません。

このリファラルによる集客数は、
A:紹介したくなるほど満足度の高い顧客の数
× B:満足度の高い顧客が紹介を実行してくれる確率
× C:紹介された方が実際に来店する確率

の計算式で求めることができます。

口コミを積極的に獲得することは、「B:満足度の高い顧客が紹介を実行してくれる確率」を増加させるための取り組みです。これを、例えば現状が5%だったとした場合、そこからSMS口コミ依頼によって「B:満足度の高い顧客が紹介を実行してくれる確率」を20%へと引き上げられたとすると、年商は3〜5%の増加が見込めると試算することができます。

MEO対策のメリット、デメリットとは?

MEO対策3つのメリット

メリット1.手軽で確実にプラスの成果を出せる
MEO対策自体は無料でできます。また、Googleマイビジネスの操作も簡単なため、専門家のサポートも不要です。 そのため、手軽に実施できて、ほぼ確実にプラスの成果が出ます。

メリット2.誰にでもチャンスがある
MEO対策は、お金をかけたからといって強力な対策ができるわけではありません。個人店舗でも口コミを集めることでブランド企業に勝てるため、どの店舗にもフェアな競争環境が与えられています。更に、位置情報によってランキングが変更されるため、誰でも1位を獲得するチャンスがあります。

メリット3.まだまだ「先行者利益」が取れる領域
MEO対策の認知度は少しずつ高まっていますが、まだまだ何もしていない店舗が多くいます。今から対策を行うことで競合店舗に対して大きなリードを取ることができます。 2020年が「先行者利益」を取ることのできる最後の年かもしれません。

MEO対策3つのデメリット

デメリット1.効果測定が難しく、費用対効果の算出が難しい
Googleマップに口コミを集めた結果、それを見たお客様が他のサイトからご予約することがあります。 そのため、新規の来店が発生した際に、それがMEO対策に由来するものかの判定が非常に難しいです。また、お客様に直接アンケートをとっても正確に記憶していることが少なく、正確に計測することができません。

デメリット2.Googleのアルゴリズム次第なところもあり、効果の期待値設定が難しい
MEOの順位は3つの要素が関係するため、口コミ増加による順位の上昇度合いがわかりにくいです。実際、MEO対策の結果大幅に集客効果が出た店舗がある一方、具体的な効果を感じられていない店舗もあります。そのため、MEO対策に投資した結果、どの程度のリターンが見込めるかの期待値設定が少し難しいです。

デメリット3.Googleが頻繁に仕様を変えるため、定期的に設定の見直しが必要になる
GoogleマップはGoogleの注力サービスのため、頻繁に新機能が開発され、定期的な設定の変更や確認が必要となります。もし、Googleを出し抜くようなGoogleマップ対策手法を見つけたとしても、すぐにGoogleに対策されてしまうため、Googleの意図に従って設定していく以外の方法が見出しにくいです。

MEO対策成功事例のご紹介

様々な業界で活用されるcoco

cocoは、カーディーラー業界やリフォーム業界、歯科業界など幅広い業界で活用されています。そして、どの業界でもMEO対策の高い効果を上げています。今回は、cocoを活用した成功事例を一部ご紹介させていただきます。

カーディーラー業界における成功事例

富山を拠点としているカーディーラーの株式会社古城モータース様では、導入3ヶ月で口コミをそれまでの約10倍の300件超の獲得に成功しました。

口コミ獲得の背景には、口コミ収集を「アンケートから自然な導線で依頼できる」ことが重要だったとおっしゃっていました。

古城モータース様では、SMS口コミ依頼だけでなくアンケート機能も活用し、車検時と納車時にお客様へ「アンケートお願いします、口コミもよければ」と2つ合せて依頼をしているそうです。
このように、アンケート記入→そのまま口コミ記入という流れを作れるcocoだからこそ、自然に口コミ依頼をすることができるようになったそうです。

(2020年6月16日時点)

リフォーム業界における成功事例

東京都・神奈川県・埼玉県で11店舗展開中のリフォーム会社のホームテック株式会社様では、「口コミは財産」と考えて口コミ集めを行っています。

ホームテック株式会社様がcocoの導入を決めた背景には、「リフォーム業界におけるGoogleの口コミの少なさ」と「SEO順位が低い店舗がGoogleの口コミから集客を成功」させたことがありました。
また、cocoのWidjet機能(様々なWebサイトに散らばる口コミを1箇所で表示することのできる機能)にも惹かれ、会社のホームページに口コミが掲載でき、お客様への信頼を築くことができると考え、導入していただきました

cocoを利用した結果「口コミ依頼がスムーズ」にできるようになったと、おっしゃられています。
また、グループ全体の口コミ最多獲得者を社員総会で表彰するという仕組みを作り、それがモチベーションとなっているスタッフもいるみたいです。

(2020年6月16日時点)

歯科業界における成功事例

愛知県名古屋市の徳倉歯科口腔外科・矯正歯科様では、口コミを集めたことで「ホームページからの新規予約が急増」しました。

徳倉歯科口腔外科・矯正歯科様がcocoをご利用されたきっかけは、コンサルタントに紹介を受けたことでした。
もともと、大手媒体を活用する集客に注力されていましたが、大手媒体からの集客率が減少傾向にあったため、他の集客方法を検討されているタイミングでcocoご利用いただきました。

口コミを集めたことにより、ホームページへのアクセスが増え、新規予約が急増しただけでなく、意外な効果もあったそうです。 それは、口コミをきっかけとした「患者さんへの理解の促進」と「スタッフ間のコミュニケーションの増加」です。
普段あまりお話をしない患者さんが口コミを通して思いを伝えてくださったり、それを見たスタッフ同士が感想を述べ合ったりしたそうです。

(2020年6月16日時点)

cocoを活用し、まずは無料でMEO対策をはじめましょう

coco無料ご利用の流れ

cocoは、本ページ下部の黄色い「無料ではじめる」ボタンから無料で開始できます。必要情報を入力、送信し、メールアドレス宛に届くログイン情報よりcocoへのログインをお願いします。※カードの登録等は不要ですので、安心してご登録ください。

登録後、まずは簡単なチュートリアルがあり、それを完了するとSMS口コミ依頼やGMBチェッカーが使えるようになります。登録〜利用まで約3分で開始できます。

cocoについて

cocoにはGMBチェッカーやSMS口コミ依頼だけでなく、SMSアンケートやチャット機能などもあります。もちろん、Googleマップランキングチェック機能など、便利なMEO対策関連機能も揃っています。

cocoは、良いお店作りを目指すための、CX(顧客体験)プラットホームです。店舗が、店舗のお客様に良いサービスを提供し、それが結果として最も効率的な集客活動になる。そんな取り組みを促進するサービスとして、機能を開発しておりますので、ぜひアンケート機能などもお試しください。


現場接客を大事にしたいすべてのお店に

cocoは、現場接客を大事にしたい様々なお店での成功事例がございます

無料ではじめる